身体測定裏技!体重測定前に体重を減らす方法、体重を減らす乗り方、身長をごまかす方法、身長を伸ばす方法などをご紹介。おすすめの朝ごはんや身体測定を避ける方法もあります。

明日身体測定!体重を減らす方法や身長を伸ばす方法は?

身体測定の裏技!体重計で体重を軽くする乗り方は?

身体測定の裏技!体重計で体重を軽くする乗り方は?

投稿日:

身体測定の裏技を知りたくないですか?

それは、

体重計で体重を軽くする乗り方です。

身体測定ではできるだけ体重を軽くしたいですよね。

でもダイエットするにも限度があるし、

うまくダイエットができない場合もあります。

そんなときはこの裏技が効きます。

とても役立つ内容なので、

ぜひ読んでみてくださいね。

 

30代男性
思春期の学生さんなんかは身体検査の体重測定が気になりますよね。男子も女子も、みんなより体重があったら恥ずかしいと思ってしまう甘酸っぱい青春時代。

アナログ式の体重計なら立ち位置や重心の前後の置き方で1kgぐらいは体重をちょろまかせたんですが、今ではデジタル体重計が主流なので、立ち位置や姿勢、重心の置き方ではテクノロジーには勝てません。少しの変化も見逃さないデジタル体重計の特性を逆に利用して体重を軽く見せましょう。

みなさん!体重計に乗る時の自分の状態を思い出してください。
「太ってたら嫌だな、恥ずかしいな」という感情から緊張して体重計に乗っていませんか?
これは完全にNGです。何故なら余計な力が入って筋肉が膨張してしまい、体重が普段より重く計量されてしまいます。だって筋肉は脂肪より質量が多いから。

この機能を利用してテクノロジーを騙せばいい!体重計に乗る時は、リラックスして普段より力を抜き、瞑想するのです。
そうすれば、普段は力がはいって緊張した筋肉が収縮して、普段より体重が軽くなります。
更に呼吸も止めてインナーマッスルの活動も冬眠してもらいましょう。
体重を軽く見せるには限度はあるが、みなさんの成功を祈る!

 

40代前半女性
私も体重を少しでも軽く見せたいと思い、体重計への乗り方を研究してみました。片足を浮かせて乗ってみても多少体重が軽くなりますが、周りにすぐにわかってしまいうので、かかとを若干浮かせぎみにして両足で乗るが比較的自然に見えやすいのではないかと思います。

後ろや横から見るとわかってしまいますが、前から見たらわからないです。しかし、それによってどれだけ軽く見えるかと言えば、数百グラムです。

それにこれは私の脚力の弱さゆえかもしれませんが、かかとを浮かす方法にしろ、片足立ちの方法にしてもふらふらしてしまいます。けれど、かかとを浮かしたり、片足だったり不安定な体勢で体重計に乗る練習をすることでお腹や足が引き締まってスタイルが良くなる可能性はあるかと思います。

それとこれは基本中の基本ですが、脱げる衣服は出来るだけ脱ぐだと思います。厚手の上着やジーンズは重いので、体重計に乗る予定がある時には軽いフリース素材の服を着るのが良いのではないかと思います。

乗り方とは少し話がずれますが、女性の場合は思いきって髪の毛を切るのも有効です。ロングヘアの女性が「髪を切った後、体重計に乗ったら数キロ軽くなっていた」と言っていたのを聞いたことがあります。

 

40代前半女性
少しでも体重計に乗った時に体重を減らしてから乗りたいと思うのであればまずできる限りの洋服は全て脱いでおく、その時には時計やアクセサリーも全て外しできるのであれば下着も脱いでから乗ると数グラム、数十グラムですが体重が軽くなります。

アクセサリーや時計は外せても洋服や下着は脱げないという時にはできるだけ薄手で軽い素材の洋服を着ておくようにすると肌かで計った時の体重とあまり変わらない重さで体重をはかることができるので洋服を着て体重計に乗らなければならないなら薄手の洋服着用で体重計に乗りましょう。

最近は乗ると針が動いて体重を計れる体重計ではなく電子体重計のほうが多いので電子体重計は平たんな場所においても置く場所によって多少の重さですが体重の重さが変わってくるので

一度、体重計に乗って体重を計ってその重さに納得ができないのであれば違う場所に体重計を置いて体重を計ってみると重さが変わることがあるのでフローリングや柔らかめのマット素材の床など、床の素材によってもが変化するので何度か違い場所まで体重計を持って行き納得できる体重が計れる場所で体重をはかることも少しでも体重を軽くするためには重要なことだと思います。

 

30代後半男性
「体重計で体重を軽くする乗り方」ですか…。まずは当たり前のことですが服を脱ぐことですね。季節によって着る服は違うでしょうがだいたい1~2キログラムぐらい変わる可能性があります。

そしてもう一つ大切なことは一日で一番自分の体重が軽いときに体重計に乗ることだと思います。当然のことですが食事をした直後や水分を取った直後は体重が重くなります。ですのでできるだけお腹が空いていたり水分を取っていない時間帯に体重計に乗ることが望ましいでしょう。

また、体重計に乗る直前にトイレに入って小便・大便をすることも重要かもしれません。1回の小便の量は平均200~400ml、大便の量は平均400~500グラムと言われています。大便1回で500グラムも体重が変わるわけですからこれは大きな差だと言えるでしょう。

これらのことを踏まえると、夕食を食べる前の時間帯に、水分を数時間前から取らないようにしておいて、そして大便をした直後に全裸で体重計に乗ればきっといつもより軽い数値が体重計に出るのではないでしょうか。ただし急に都合よく大便を狙った時間に出すことは難しいかもしれませんので、そこは毎日少しずつ調整していくしかないかもしれませんね。

 

体重計で体重を軽くする乗り方について

ご紹介しました。

このサイトではほかにも

身体測定直前に痩せる方法などを載せているので、

ぜひこちらも読んでみてくださいね。

きっと役立つことと思いますよ。

 

次回は、

身体測定で身長をごまかす方法について

ご紹介したいと思います。

体重と同様、こちらもかなり気になる内容ですね。

おすすめの内容なので、

ぜひ読んでみてくださいね。

おたのしみに!

-身体測定の裏技!体重計で体重を軽くする乗り方は?
-, ,

Copyright© 明日身体測定!体重を減らす方法や身長を伸ばす方法は? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.